土地の購入が必要になる2つのケース

不動産の物件と言うのは、そもそも土地が必要です。
建物というのは地面の上に立っている訳ですが、その地面が「土地」なのです。

ところで、その土地が無いと家が建てられない場合があります。
土地と建物はワンセットではなく、たまに別物扱いになっているケースがあるのです。

ではどのような局面で人々が土地購入と関わるかというと、主に2つあります。
1つ目は注文住宅を建てる時です。

注文住宅を建てる時には、一度は必ず土地の購入が必要です。
注文住宅を建てたいと希望すれば、直ちに住宅を建てる事ができる訳ではありませんので要注意です。

分譲物件などの場合は、そうではありません。
あれは土地と建物がワンセットですので、土地の購入手続きは不要となるのです。

ところが注文住宅の場合は、「土地の購入後」に住宅建設手続きが必要になってくる訳です。
それと2つ目は、人々はたまにを墓を作る場合があります。

お墓というのも、当然地面の上に立っています。
したがってその地面を購入しなければなりませんので、お墓を作る時にも土地の購入手続きが必要になってきます。

以上の注文住宅とお墓作りの2つにおいて、土地の購入手続きが必要になるものと思います。