建築条件付きの土地の活用

現代では土地だけの販売が難しくなってきています。
土地の値段は下降傾向にあるために、それだけの販売では不動産会社が儲からなくなってきています。

そこで近年急増しているのが建築条件付きの土地です。
つまりはマンションやアパートをその土地に建てる事を条件として売られているものです。

これは土地と建築物の値段を支払うことになり、一見損をしているようにも見えます。
しかし実際には将来的に見れば自分に得が廻ってくることになります。

つまりそこにマンションやアパートが建つということは、入居者の家賃の何割かを得る事が出来るということです。
建築物の価格分を取り戻すには数年必要ですが、そこからはずっとプラス収支に転換することになります。

そうなれば毎月安定した収入を得る事が出来るので得ということになります。
購入の際には地域性や立地条件もよく見極めて、入居者が多くなりそうな場所を選ぶ事が大切です。

そして不動産会社には疑問に思うことを相談して解決してから購入に踏み切ることが大切です。